ソーシャルファイナンス

ソーシャルファイナンスとは社会的金融や社会的経済とも呼ばれており、新しい形の経済的な考え方であるとされています。

わたしたちは、自由な経済活動のもとになりなっており、そのさまざまな恩恵にあやかっています。
こうした経済はたくさんの市場取引によって成り立っており、数多くの需要と供給をその市場の元において取引を行うことにより、それらの価値や価格を各々の状況に応じて安定した形に整える仕組みがとられています。

多くの参加者が取引を行う市場においては、例えば不当に高かったり安かったりという価格設定を行った場合には、その注文がマッチングされないという事になりますし、また市場にモノがあふれてしまった場合には価格が下がり、少なくなればその価格が上がって調整が行われることになっており、市場が正しく機能している限りにおいて、また不公正な取引が行われない限り、こうした自由な経済活動や市場取引は安定したものであるといえるのです。



しかし、こうした自由な経済活動は、利益を最大限に求める事を目的としているために、資本主義的なものになりがちな特徴があるのも事実です。
例えば、世界中の通貨の取引が行われている巨大な市場である外国為替市場は、現在では通貨を売買してその差益などを求める投資取引が活発に行われています。

この事により外国為替市場は、国家間や企業間などで行われる輸出や輸入といった貿易にかかわる実務的な通貨売買取引よりも、通貨そのものを目的とした利益追求のための投資売買取引が活発となっており、このために、通貨が貿易を行うことによる通貨利用に対して、投資目的の通貨利用が圧倒的に増えたことにより、市場の適正な安定が取引目的から離れ、投資目的のための安定へと移行してしまいました。参考サイト「ハイローオーストラリアが気になる?【口座開設と攻略法】はここで」。

世界中の国や地域の中央銀行などが、こうした外国為替市場などを皮切りにして変貌を遂げていく様々な市場の動向に対して、新しい取り決めを定めたり規制などを行ったりして対処を行っていますが、自由経済を根底とする市場取引において行政の介入による操作は難しく、また行き過ぎた行政介入は市場のバランスを失わせる可能性もあるのです。

このようなことから、社会全体が利益の追求ばかりを求めるという捉え方を考え直し、行政などによる介入によっての経済社会の在り方を考えていくものが、社会的金融、社会的経済というものになっており、これがソーシャルファイナンスと呼ばれているものになるのです。