日本において

ソーシャルファイナンスという考え方は、日本にてその名前が知られるようになってからまだそれほどの時間がたっていないという事もあり、まだ充分な体制がとられていないというのが現状となります。

社会的金融とされているソーシャルファイナンスは、経済的な利益を求める事を行いつつ、その利益を用いて社会的なサポートを行っていくというものになり、例えば公共的な貢献が高いがゆえに利益のそれほど望めない事業などを行っているNPO法人などに対して、資金を融資するような活動をしつつ、そこから更に利益を求めていくというようなことが求められることになるのです。

経済的な利益を求める事と、社会的なサポートを求める事は、いわば相反する事柄であるために難しいものとされており、世界的にもまだこれからの分野ともされています。

こうした中においても、日本においても今後の仕組みとして参考にされるべきソーシャルファイナンスがあり、それがソーシャルインパクトボンドと呼ばれているものになり、これは2010年にイギリスで行われた新しい投資の仕組みとなっています。

このソーシャルインパクトボンドは、有価証券である債券の一つになり、これを投資家が購入することによって、社会的な事業に対して資産が渡ることになります。
こうして得られた資産を元にして、さまざまな団体が社会貢献の事業などを行うことになり、この事業によって得られた収益は、もちろん投資家に対しての金利として支払われることになりますが、この配当の中には、その社会的事業を支援する国や公共団体などの財政からの資金も含まれることになっているのです。

この国や公共団体からの財政からの支出の提供は、投資家が購入した債券の種類などによっており、その債券によって行われた事業の内容によって判断されることとなっているのが、ソーシャルインパクトボンドの特徴にも待っています。

このソーシャルインパクトボンドの債券資金の投入によって行われた事業により、その社会的な問題がどのように解決されたのかや、その貢献の度合いなどによって行われる評価によって支払われるものとなり、その社会的なサービスや効果が高ければ配当も高くなるという形になっているのです。

こうした形のソーシャルファイナンスが行われるようになれば、日本においてもいろいろな社会的サービスに対しての事業の資金が行き渡ることになり、また、これによって経済的な利益も求める事ができるようになるため、社会さらなる発展が期待できるようになるのです。